利尻ヘアカラートリートメントのお試し価格

利尻ヘアカラートリートメントのお試し価格情報

利尻ヘアカラートリートメントを色落ちしにくくする方法

利尻ヘアカラートリートメントを使うメリットは、髪の内側を傷めずに、髪の表面を染め上げられるところ。
ヘアマニキュアタイプの白髪染めのため、こういった特徴になっています。
ただ、利尻を使っている方の中には、「一回では染まりにくい」や「色落ちが激しい」といった感想の方も多いようですが。
たった一回の白髪染めでは、完全に染まるということはまずありえないことでしょう。

確かに、市販されている白髪染めを使うと、数か月色落ちしないことが多いようですが。
その反面、2剤混合タイプの白髪染めが多く、髪の内側のキューティクル成分を破壊してしまうわけので。
結果的に、髪の毛を激しく痛めてしまうことにつながります。
使う方の髪の質がどうであれ、一定して染まるような薬剤の分量になっている、というわけなんです(-.-)

その点、利尻ヘアカラートリートメントの場合、天然成分の実を配合した無添加の白髪染めとなっているため。
髪の内側も表面も傷めることなく白髪染めが可能。
髪の毛にダメージを与えることなく染め上げられるので、髪にやさしい白髪染めなんですよね♪

そういうわけで、最終的には

市販の白髪染めのように、髪を傷めながら染め上げてより長い時間色落ちしないのか?
利尻のように、ダメージを与えずに髪を補修しながら染め上げるのか?

のどちらかになるわけですが。
長い目で見ると、やはり利尻のほうがいいという方が圧倒的のようです(^_^)

利尻ヘアカラートリートメントだと、早い人で1週間で色落ちしてくる場合もあります。
ですが、そういう方の場合は、髪に塗るときに5分~10分乾かすのではなく。
10分~15分に伸ばすなど、もう少し長めに乾かすとよいそうです。
こうすることで、しばらく使わなくても色落ちしにくくなるという声が聞かれます。
色落ちしやすいという方は、こちらの方法を試されるよいかと。

市販の白髪染めより色落ちしやすいとはいえ、利尻のほうが髪の毛を傷めないのはもちろんのこと。
白髪染めは、普通にするとかなり手間がかかる作業なのですが・・・・・
お風呂に入ったついでに白髪染めができる点もとても便利だと思います(^_^)

利尻ヘアカラートリートメント

髪を傷めない白髪染め!CMや新聞でも話題沸騰!≪サスティ≫

 

利尻ヘアカラートリートメントのお試し価格情報

 

タグ :     

利尻ヘアカラートリートメント 色落ち

利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度はどれぐらいがいい?

一度の使用で、髪に塗って5~10分乾かすときれいに白髪染めができる利尻ヘアカラートリートメントですが。
使い始めのころは、色素がまだ髪になじんでいないため。
白髪染めがしにくくなっている、というのが特徴のようです。
なので、色が落ち着くまで、2・3日は毎日使ってなじませるとよいでしょう。
お風呂場でじっくりとなじませる、という方も多いようです。

ただ、気を付けていただきたいのは、利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアであること。
そのため、シャンプーのたびに色落ちする傾向にあります(^_^;)
さすがに1日で全部色落ちしてしまった、なんてことはありませんが。
早い人で一週間ぐらい、遅い人でも一か月ぐらいで色落ちしてしまうようです。

利尻ヘアカラートリートメントは自然成分を使っているため、髪や頭皮にやさしいので。
使いすぎて髪の質が悪化した、なんてことはないみたいです。
そのため、一般的には、一週間に一度ぐらいの頻度で使うとよいでしょう(^_^)

おすすめの使用頻度を簡単にまとめてみると・・・・・

1、最初の2・3日は毎日使ってなじませる

2、その後は1週間に一度ぐらいの頻度で使う

という感じです♪

もっとも、髪の質や長さ、伸びる速さによっても染まり具合がちがってくるわけなので。
個人差があるのが難しいところかと(^_^;)
自分の髪の染まり具合を見ながら使用頻度を決めていく、という使い方がベストでしょうね。
利尻ヘアカラートリートメントは無添加の白髪染めなので、髪の毛を傷めることがないのが特徴。
継続して使用しても髪を傷めないというのは、使う上でとてもうれしいことですよね(^_^)
いろんな間隔で試していって、自分に合った白髪染めの使用頻度を見つけてくださいね。

利尻ヘアカラートリートメント

白髪染めで髪を傷めた経験がある方へ。

 

利尻ヘアカラートリートメントのお試し価格情報

 

タグ :    

利尻ヘアカラートリートメント 使用頻度