利尻ヘアカラートリートメントのお試し価格

利尻ヘアカラートリートメントのお試し価格情報

利尻ヘアカラートリートメントを色落ちしにくくする方法

利尻ヘアカラートリートメントを使うメリットは、髪の内側を傷めずに、髪の表面を染め上げられるところ。
ヘアマニキュアタイプの白髪染めのため、こういった特徴になっています。
ただ、利尻を使っている方の中には、「一回では染まりにくい」や「色落ちが激しい」といった感想の方も多いようですが。
たった一回の白髪染めでは、完全に染まるということはまずありえないことでしょう。

確かに、市販されている白髪染めを使うと、数か月色落ちしないことが多いようですが。
その反面、2剤混合タイプの白髪染めが多く、髪の内側のキューティクル成分を破壊してしまうわけので。
結果的に、髪の毛を激しく痛めてしまうことにつながります。
使う方の髪の質がどうであれ、一定して染まるような薬剤の分量になっている、というわけなんです(-.-)

その点、利尻ヘアカラートリートメントの場合、天然成分の実を配合した無添加の白髪染めとなっているため。
髪の内側も表面も傷めることなく白髪染めが可能。
髪の毛にダメージを与えることなく染め上げられるので、髪にやさしい白髪染めなんですよね♪

そういうわけで、最終的には

市販の白髪染めのように、髪を傷めながら染め上げてより長い時間色落ちしないのか?
利尻のように、ダメージを与えずに髪を補修しながら染め上げるのか?

のどちらかになるわけですが。
長い目で見ると、やはり利尻のほうがいいという方が圧倒的のようです(^_^)

利尻ヘアカラートリートメントだと、早い人で1週間で色落ちしてくる場合もあります。
ですが、そういう方の場合は、髪に塗るときに5分~10分乾かすのではなく。
10分~15分に伸ばすなど、もう少し長めに乾かすとよいそうです。
こうすることで、しばらく使わなくても色落ちしにくくなるという声が聞かれます。
色落ちしやすいという方は、こちらの方法を試されるよいかと。

市販の白髪染めより色落ちしやすいとはいえ、利尻のほうが髪の毛を傷めないのはもちろんのこと。
白髪染めは、普通にするとかなり手間がかかる作業なのですが・・・・・
お風呂に入ったついでに白髪染めができる点もとても便利だと思います(^_^)

利尻ヘアカラートリートメント

髪を傷めない白髪染め!CMや新聞でも話題沸騰!≪サスティ≫

 

利尻ヘアカラートリートメントのお試し価格情報

 

タグ :     

利尻ヘアカラートリートメント 色落ち

利尻ヘアカラートリートメントは男性にも効果あり

利尻ヘアカラートリートメントの販売ページを見てみると、女性が白髪染めをする様子の写真は掲載されているものの。
男性が使っている様子は掲載されていませんね(^_^;)
画像はもちろんのこと、使ってみた感想の掲載も少ないため、かなり気になってしまうところ。

男性はホルモンの関係上、特に年齢を重ねるごとに髪が抜けやすく、白髪にもなりやすいので。
シャンプーや白髪染めの品質にはこだわりたいところですね。
よく調べないで粗悪な白髪染めを使ってしまうと、しばらくして抜け毛や薄毛などが多くなってしまいますし・・・。

そもそも、男性と女性とでは、髪の毛の質がまったくちがってきます。
男性は髪の毛が硬く、短い方が多くて。
染める色はブラックの場合がほとんどで、簡単に染められるものを選ぶ傾向になるようですが。
女性は髪の毛が柔らかく、長い方が多いです。
染める色も幅広く、簡単に染められるというよりも、なるべく髪を傷めないものを選ぶ傾向になる様子。

実際に、市販されている白髪染めを調べてみたところ。
男性用と女性用とで分かれているものが多いみたいですね。
やはり、男女で髪の質がまったくちがうので、必然的にそうなっているのでしょう。

では、利尻ヘアカラートリートメントはどうなっているのでしょう?
詳しく調べてみると、販売ページのQ&Aのところに

男女問わずお使いいただけます

と書かれていました(^_^)

つまり

利尻ヘアカラートリートメントは男女兼用の白髪染め

というわけですね♪

利尻の白髪染めは、無添加の天然成分を配合した白髪染めになっているので。
髪にダメージを与えることなく、いたわりながら染められるところから。
男女の髪の質とは関係なく染められる、ということのようです(^_^)

今までは、女性用の白髪染めとして注目されてきた利尻ヘアカラートリートメントですが。
トリートメントしながら白髪染めができる手軽さから、最近では男性にも人気が出てきているみたいですね。

利尻ヘアカラートリートメント

髪を染めるとかゆくなる・・という方へ。

 

利尻ヘアカラートリートメントのお試し価格情報

 

タグ :   

利尻ヘアカラートリートメント 男性

利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度はどれぐらいがいい?

一度の使用で、髪に塗って5~10分乾かすときれいに白髪染めができる利尻ヘアカラートリートメントですが。
使い始めのころは、色素がまだ髪になじんでいないため。
白髪染めがしにくくなっている、というのが特徴のようです。
なので、色が落ち着くまで、2・3日は毎日使ってなじませるとよいでしょう。
お風呂場でじっくりとなじませる、という方も多いようです。

ただ、気を付けていただきたいのは、利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアであること。
そのため、シャンプーのたびに色落ちする傾向にあります(^_^;)
さすがに1日で全部色落ちしてしまった、なんてことはありませんが。
早い人で一週間ぐらい、遅い人でも一か月ぐらいで色落ちしてしまうようです。

利尻ヘアカラートリートメントは自然成分を使っているため、髪や頭皮にやさしいので。
使いすぎて髪の質が悪化した、なんてことはないみたいです。
そのため、一般的には、一週間に一度ぐらいの頻度で使うとよいでしょう(^_^)

おすすめの使用頻度を簡単にまとめてみると・・・・・

1、最初の2・3日は毎日使ってなじませる

2、その後は1週間に一度ぐらいの頻度で使う

という感じです♪

もっとも、髪の質や長さ、伸びる速さによっても染まり具合がちがってくるわけなので。
個人差があるのが難しいところかと(^_^;)
自分の髪の染まり具合を見ながら使用頻度を決めていく、という使い方がベストでしょうね。
利尻ヘアカラートリートメントは無添加の白髪染めなので、髪の毛を傷めることがないのが特徴。
継続して使用しても髪を傷めないというのは、使う上でとてもうれしいことですよね(^_^)
いろんな間隔で試していって、自分に合った白髪染めの使用頻度を見つけてくださいね。

利尻ヘアカラートリートメント

白髪染めで髪を傷めた経験がある方へ。

 

利尻ヘアカラートリートメントのお試し価格情報

 

タグ :    

利尻ヘアカラートリートメント 使用頻度

利尻ヘアカラートリートメントの成分にはどんなものが?

頭皮の表面が乾燥しやすかったり、敏感肌だったりする方の場合。
化粧品のように、お肌に直接触れるものは特に注意しますよね。
わたしも頭皮がかさかさになりやすいので、その気持ちはよくわかります。

利尻ヘアカラートリートメントは無添加の白髪染めなので。
市販されている白髪染めのように、アレルギーを起こしやすい成分は入っていません
実際に販売ページを見ていただけるとわかることですが・・・・・
北海道の利尻島で取れる利尻昆布を使っているようです。
利尻昆布の魅力は、高い保湿力
ヌルヌル成分のおかげで、長時間保湿力を保っていられるという。
利尻昆布には、ミネラル・フコイダン・アルギン酸など、トリートメント効果のある成分を多く含んでいるために。
髪にうるおいを与えてくれるのがいいですよね(^_^)

また、クチナシ・ウコン・アナトー・シコンなど、利尻昆布以外の成分も含んでいて。
どれも、天然植物から抽出される成分ですね。
これらの成分が含まれていることで、利尻ヘアカラートリートメントは無添加の白髪染めと言われているわけですが。
市販の白髪染めの場合、髪の毛のメラニン色素を分解して脱色し、それから染め上げるタイプ。
これだと、髪の毛だけでなく、お肌にもよくないようで。
傷んだ髪や地肌を強烈な薬品でコーティングするという、ただきれいに見せかけているという状態でしかありません(-.-)
その一方で、利尻ヘアカラートリートメントの場合、髪の毛の表面に染料を吸着させるので。
この点が、ヘアマニキュアタイプと言われている理由です。
メラニン色素を分解しないでいいぶん、髪の毛にダメージを与えないで済む点が大きいかと思います(^_^)

そういう意味で、利尻ヘアカラートリートメントは

トリートメントしながら白髪染めができる

というわけですね(^_^)

そのほか、天然成分のみを使っていることで、においがまったく気にならない点も使いやすいポイント。
利尻ヘアカラートリートメントのように、なるべく体に良い成分の白髪染めを使いたいところですよね♪

利尻ヘアカラートリートメント

髪を染めるとかゆくなる・・と、お困りの方へ≪サスティ≫

 

利尻ヘアカラートリートメントのお試し価格情報

 

タグ :    

利尻ヘアカラートリートメント 成分

利尻ヘアカラートリートメントの使い方を解説

利尻ヘアカラートリートメントの使い方を、手順を追ってみていきますね(^_^)

1、シャンプーで頭皮と髪の毛をきれいに洗う

頭皮と髪の毛を洗わずに利尻を使っても、ある程度は染まるのですが。
やはり、事前にシャンプーで髪の汚れや油分を落とすのがいいでしょうね。
ただし、コーティング機能がないシャンプーにしてください
コーティング機能があると、髪が上手く染まらないことが多いのです(^_^;)

2、タオルなどで水気をよく拭き取る

髪の表面に植物性色素を付着させることで染め上げるのが、利尻ヘアカラートリートメントの特徴です。
髪の毛が乾燥した状態で使用するほうが染まりやすいので、よく乾かしてから使うとよいです。

3、利尻ヘアカラートリートメントを手に取る

髪や頭皮への刺激が少ない植物染料を使用しているため、そのまま素手で塗っても大丈夫なのですが。
染料が手についてもお湯で落とせますが、気になる方はビニール手袋をはめて使うとよいでしょう(^_^)

4、髪の毛に塗りこむ

髪全体にまんべんなく塗りこんで、5~10分間放置。
白髪が特に気になる方は、少し多めに塗りこむといいでしょう。
白髪染めの効果を上げたい場合は、ヘアキャップやクシを使うのもアリですね。
髪になじませている間は、体を洗っていても問題はないので。
お風呂に入りながら白髪染め、ということもできちゃいます(^_^)

5、水で洗い流す

洗い流した水またはお湯が濁らなくなるまで流してください。
シャンプーをする必要はありません。
このとき、手の先や爪の中に色素が詰まることがあるので、気になる方は手袋をして洗うとよいです。

6、ドライヤーで乾かす

最後はドライヤーで髪の毛を乾かして終了♪
きれいに染まっていることと思います(^_^)

こんな感じで、利尻ヘアカラートリートメントの使い方を書いてみました。
白髪染めに使う際の参考にしていただけるとありがたいです。

利尻ヘアカラートリートメント

白髪やダメージヘアもこれ一本でキレイ染め!≪サスティ≫

 

利尻ヘアカラートリートメントのお試し価格情報

 

タグ :   

利尻ヘアカラートリートメント 使い方